日曜のランチは
町田の初めて行くお店

カジュアルなイタリアンという感じなのかな

夫が探したんだけど、なかなかこれがコスパもいいし美味しかった(^^)
d0168329_15355463.jpg
d0168329_15355427.jpg
この2品はどちらも確か390円位
ピクルスは私の好みの甘すぎないタイプ。甘酸っぱいピクルス苦手なの(^_^;)
d0168329_15355499.jpg
d0168329_15355468.jpg
アボカドと鮪のタルタルとツブ貝のアヒージョ的なもの
夫はツブ貝が美味しいとパクパク食べてました。うん、確かに美味しい(^^)
d0168329_15355482.jpg
ランチでも夜のメニューが頼めるということだったのでこのお店にしたのですが、特にこのお肉のプレートは大満足(^^)
いかにも糖質を控えてる人っぽいメニュー(≧ω≦)b

ラムのローストと、チキンバーベキュー、牛ハラミと、豚のロースト美味しかったな(^^)

お腹はほぼいっぱいになったのにふらふらとお散歩?で見つけた沖縄料理のお店へ吸い込まれて行く2人…

d0168329_15355588.jpg
d0168329_15355538.jpg
d0168329_15355539.jpg
d0168329_15355524.jpg
d0168329_15355572.jpg
d0168329_15360068.jpg
そしてこんなものを…(^^ゞ
珍しい泡盛のホッピー

d0168329_15360007.jpg
最後は昭和なムード満点な喫茶店でお茶をして帰宅しました。

当然ながら昼にこれだけ食べたので夜はとても無理…という事で静かに過ごしました(笑)



[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2016-08-26 15:56 | 日常 酒場・外食
沖縄から届いた写真(^^)
d0168329_11374552.jpg

d0168329_11375696.jpg


先ほど郵便ポストに沖縄からの封筒が届いていました。「はて?」と開けてみると、そう言えばシュノーケリングツアーで写真を撮ったものをCDにして送って下さるというオプションがあったのでお願いしていたのをすっかり忘れていました(^^ゞ

そうだった…ほんの10日前にはこの青い海にいたのでしたーー(#^_^#)

この日のツアーは私達だけだったので、ガイドさんがつきっきりでサポートして下さり写真もいっぱい撮ってくれました。

お魚にお麩をあげているところと、ガイドさんが潜り下から見上げてぷかぷか浮いてる私達を撮ってくれた所です(見づらいかな…?? 一応二人並んでいます)

お魚、うじゃうじゃ過ぎですね(笑)ちょっと怖かったと沖縄旅行記にも書きましたが、伝わりますでしょうか??(^^ゞ

海に潜り下から見上げるとお日様の光がまるでスポットライトのようなんですね。これは写真を頂くまで知りませんでした。

とってもいい記念になりました(^^)

このツアーでお世話になったサイトはこちらです → ☆☆☆ 

本当にお世話になりました。こちらのスタッフの皆さんはどなたも良い方ばかりで楽しい時間が過ごせた事に感謝、感謝の私とよっちゃんです(^^)
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-14 11:44 | 旅行
沖縄旅行記7(終わり)
d0168329_17314183.jpg


ついに?沖縄の旅も終わりに近づいてきました。

午後3時の東京行きの便で帰るので、それまでの時間をどう過ごそうか?と考えて那覇市内にある「壺屋やちむん通り」を巡り自分達のお土産として何か買う事にしました。壺屋やちむん通りとは国際通りから平和通りを通って、ひめゆり通りへ抜ける道にあります。色鮮やかな骨壺やシーサー・花器など焼物をあつかう店が並んでいるので、興味がありました(^^)

ちなみに「やちむん」とは焼物がなまった言葉だそうです。

帰りも車で那覇空港まで送って下さるのでそこで荷物を一時預かりしてもらい、またまたゆいレールに乗って「牧志」で下車しよう…とつらつら考えていたのですが、運転士さんが「じゃあ、一度空港で荷物を預けたら、壺屋通りまでお送りしますよ」と言って下さったのでお言葉に甘える事に。

ホテルのスタッフの方の対応はそれは本当に見事で、ある意味都内のホテルと変わらないホスピタリティを発揮して下さりとても気持ち良く過ごせましたが、実は帰りの車内で運転士さんが話して下さった沖縄の風習や、沖縄の人のお話が一番楽しく沖縄の魅力を感じられました(^^)

その方は恩納村で生まれ育ったそうで、沖縄の人の死生観や、エイサーに対する想い、絆を大事にする気持ちや、沖縄の人の時間に対する大らかさ…などなど、沖縄の方を身近に感じられる話を聞いてるうちに時間はあっという間に過ぎていきました。

以前小浜島に行ったときのホテルにもライブラリーがあり、その時に沖縄の人達に関する習慣などが書かれた本を読んでいたので「なるほどなー」とか「やっぱりそうなんだ!」と本の中身と合致する話も多々ありましたが、実際に聞く方がずっと心に届きます(^^)

中でもおおらかだなーと思ったのが「モアイ」という寄り合い。頼母子講のようなもので、毎月集まって一定の金額を集め、そのまとまった金額を順番に一人の人に渡すというものらしいです。例えば、15人の集まりで毎月1万円を集めたらその月に15万集まります。で、それを一人の人がもらい受けて「車検代」に使ったり、「出産費用」に使ったり、「入学準備」に使ったりするんだそう。

で、中にはもらうだけもらってその後の「モアイ」に出席しない強者もいるそうなのですが、「2回までは許しちゃうねー(笑)」との事。「えー?それってしこりになったりしないんですか?」と聞くと「そうねー。その時はあいつはひどい!と思ったり怒ったりするんだけど、順番が回っていくうちにまた忘れちゃうんだよねー(笑)」となんとものんびりとした事を言ってました(笑)

「でもね、さすがに3回目には『もう、お前はダメ!一番最後に受け取りなさい』って言うんですよー」「でもね、きっと学生の頃はそういうヤツじゃなかったから、きっとすごく困ってるのかなーと思ったりしてさー」とも言ってました。

なんだかゆったりしてるなーー。心がせこせこしてないと言うか、ネガティブじゃないんですね。

他にも本当にいろんな話を聞かせて頂き、名残惜しかったけど壺屋通りでお礼を言ってお別れしました。こういう方とまた会いたいと思えたひとときでした。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


で、壺屋通りを散策して買い物も終わり次は公設市場の方へ行こうか?と思ったら!!!草むらから何とも独特のにゃんこが「ぶみゃーーー!」と近寄ってきました(写真の子です)

あまりに人なつこくて、とにかくぶみゃーぶみゃー!と訴えるので「お腹が空いてるのだろうか?」「捨て猫だったらどうしよう」とか、ついネガティブな気持ちになって、オロオロしちゃいました。

と、そこへ「みーこ!」と声をかけるご夫婦連れが。見るとすぐ側のお店のご主人らしきお二人。思わず「この子のお母さんですか???」と聞くと「そう」と淡々と答えてくれました(笑)

ホッとして「みーこっていう名前なんだね。じゃあお母さん達も戻ってきたからあなたもおうちに帰りなさいね」とその場を離れようとしたのですが、みーこが離れません(^_^;)

スリスリゴロゴロ、ぶみゃー!と私の足元でウロウロ。「…じゃあ一緒に帰ろうね」とそのお母さんのお店まで歩き出すと一緒についてきます(^^;; 無事そのお店まで着き、みーこもお店の中に入っていったのを見届けてやっとその場を離れる事が出来ました(^^ゞ

みーこはもしかしたらお客さんを呼ぼうとしていたのかな? 顔は黒くて短毛なのに胸から後ろにかけてどんどん毛がふさふさして茶色くなっている本当に不思議な姿のみーこでした。可愛かったなーーー。今日ももしかしたら誰かにくっついて「ぶみゃー!」と客引き?してるかも知れません。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


公設市場では恒例の?お魚屋さんで魚を見繕い2階で調理してもらって食べました(^^)お刺身が1000円位?グルクンと名前を失念しちゃったけど沖縄ならではの貝は…いくらだっただろう??1/4で1200円だったかな。2人だしそれでじゅうぶんでした。それに調理料がそれぞれ400円ずつ別途かかります。私はそれにハイボールなぞを…( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

美味しいお昼ご飯になりました(^^)グルクンの唐揚げの下はお刺身につかったアオブダイです。それもついでに唐揚げにしてくれたようです。こういうおまけって嬉しいです♪

思うに、ここ3回ほど離島ばかり行っていたせいか那覇は本当に都会だと感じました。ゆったりと何もない離島も忘れがたいですが、たまには都会もいいですねー(笑)

短い旅だったけど、本当にいろいろな出会いもあり充実した3泊4日でした。帰りに向かってる最中から心はすでに我が家のにゃんずの事ばかりでしたが、またこんな旅が出来たらいいな…と思いつつ家路につきました。


とりとめもない旅行記でしたがこれで終わりです。長々と書いてしまいましたが…読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-08 18:11 | 旅行
沖縄旅行記6
d0168329_9481583.jpg


今回3回朝食があるうち、2回は和朝食をお願いしました。完全に糖質無制限状態です(^_^;)

ルームサービスにする方達が多いので、レストランに行っても他の宿泊客と顔を合わせるのがとても少ないように感じました。

d0168329_9521222.jpg


今回、このライブラリーにはとってもお世話に?なりました(^^ゞ 部屋で過ごす時はここで本を借りたり、DVDを借りてました。星空の図鑑だとか、島の風景写真集だとか…。この場所でもDVDを観たり、本を読んだり出来ます。傍らには飲み物が用意されているのも嬉しい感じ(^^)

沖縄の歌のCDと、辻井伸行さんのCDを借りて部屋で聴いたりもしました。

今回初日にエステやマッサージをしましたが、よっちゃんがアロマテラピーのオイルマッサージがとっても良かったというので、私もお願いしたところ本当に気持ち良くて結局この3日毎日マッサージしてもらいました(^^ゞ 私だけ気持ちいいのは申し訳ないので3日目は再びよっちゃんもマッサージを受けてもらって。


d0168329_9482937.jpg


これは3日目の夕食。フレンチです。

お品書き

Amuse bouche
焼なすと魚介類のセルクル

Hors-d' oeuver
はものコンフィとロワイヤルをティエドで季節やさいピューレと共に

Soupe
パリソワール

Le Poisson
いさきのポアレ アーサーのソース

Granite
グレープフルーツとウォッカのグラニテ

Le Viande
黒毛和牛フィレ肉とフォアグラのソテー ロッシーニ風

Le Dessert
バナナのムースグラッセ バニラの香りのオレンジミントスープ


どのお皿も美しく見た目もとても綺麗でした。いさきのポアレが沖縄っぽいと言えばそうだったかも…。でも正直…フレンチを沖縄で食べなくてもいいのではないか?と思ったりしました(^_^;)

じゅうぶん美味しくて、満足はしましたけれど。 この辺の感性はよっちゃんと少し違うのかなーー。その土地のものをガンガン食べ倒したい私と、それはそれで楽しみたいけど、ホテルご飯も楽しみたいというよっちゃん。 もし来年もまた沖縄に行くならもう少しいろいろ考えてみよう…。


沖縄旅行記最終章につづく…
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-08 10:07 | 旅行
沖縄旅行記5
d0168329_8473543.jpg


沖縄2日目の夜は外に出て夕食。 ホテルの方に地元のふつうの飲み屋さんに行きたいのでお勧めのお店を教えて下さいとお願いしていました。

が、行ったお店はこじんまりとしていて素敵でしたがなんだか私が想像していた感じと違います(苦笑)うーーーーん…。ちょい消化不良。

よっちゃんも「このお店はあなたの思っていた感じと違うね、場所を替えようか」と言う事で別のお店へ。

結局2軒目も私が思った感じとは違うお店だったのですが(^^;)(写真のお店です)でも気を取り直して、いつもなら頼まない「モヒート」を飲んでみました。お店の外で育てているミントを摘んで、それをどっさり入れた緑の葉っぱが鮮やかなカクテルです。

どうやらこのお店はスペイン風小皿料理のお店だったみたい。皆さんパエリアを注文していました。

イカのガーリックオイル煮だとか、もずくの天ぷら(私はこれが大好き!!)とか、牛のお刺身とか、島らっきょとか…そんなものを頼んでみました。

椰子の実のジュースも、勢いでオーダー(笑) お店の方が目の前でゴリゴリと椰子の実をカットしストローをさしてくれるパフォーマンスも楽しい(^^)

2本のストローがささってますが、さすがに顔を付き合わせてちゅーっと飲む事はしませんでした(笑)私のお目当ては適度に残した椰子の実のジュースにラムを入れて飲む事(^^ゞ ストローで飲むお酒は効きますねーーー。

外に出ると空の色が美しくて、三日月もくっきりしていて、そしてなんとなく潮風の匂いがする風がさらさらと吹いていて…ほのかにいい酔い心地の私は、かなり幸せな気分でした(^^)

d0168329_94994.jpg


時間を少し遡り…この写真は昼間立ち寄った道の駅の市場。恩納村の道の駅だから名前は「おんなの駅」(笑)字面だけ見ると「女の駅」という風に勘違い?しちゃいます(^^ゞ

旅行先で楽しいのはやっぱり地元の食材が売っているスーパーや市場ですねーーー(^^)自宅には持ち帰るのは難しい食材を見ると、自炊出来る所に泊まってこういう食材を使ってみたい!と思います。

ここで、パッションフルーツやドラゴンフルーツ、マンゴも売られていました。お店のおじさんからは「マンゴもドラゴンもまだ早いんだよ。今食べるならパッションがいい!1つ売りしてるから、試しに買って食べて見て美味しかったら大袋の方を買いな。買ってきたらカットしてあげるから」と言われ、そのようにしてみました。程よい酸味がある熟れたとろとろの果肉をスプーンでパクパク食べると、確かに美味しい!

去年はちょうどマンゴーもドラゴンフルーツも食べごろの時期だったのでどちらも美味しく食べましたが、おじさん曰く「売ってるけど、時期が早いんだよ。」との事。そんなこと言ったら買わなくなるのに正直なおじさんです(^^ゞ

楽しいなーーー。こういうやり取りをしつつお買い物出来るって本当に楽しいです。

結局お土産用にパッションフルーツの大袋を2つ買って帰りました。


その6につづく…
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-08 09:13 | 旅行
沖縄旅行記4
d0168329_18403199.jpg


シュノーケリング中の写真です。ダイビングとは違い海の上をぷかぷか浮かんで下をのぞくという感じではありますが、その魚たちの多さには毎回驚きです。

あまりの多さに多少の恐怖もなきにしもあらず…って位(笑)色とりどりの魚が当たり前のように泳いでいる、そしてその彼らの居場所に私達がお邪魔していると言う感謝の気持ちが自然と湧いてきます。

透明度が高いので素人が撮った写真ではありますが、かなり綺麗に撮れたかなーと思いますがどうでしょうか。

写真の右上はガイドさんがたこを見つけた所を撮りました(よっちゃんが全て担当)パッと見珊瑚と見分けがつかなかったけど、うにうにと動く様はまさにあのたこです。

別のガイドさん(多分うみんちゅさんですね)がモリを持ってたこを捕まえました。初めてライブでたこが墨を吐いたのを目撃!そしてうみんちゅさんのモリを突く早さに仰天です。

うつぼに足を食べられたと言うたこさん。急所は外したけどさーと言っていましたが、あれは食べるのでしょうか…?それとも海に戻すの…?よっちゃんがたこの足に触ったらすごい吸引力でかなり驚いていました(笑)

本当にこういう場所に来ると、私にとって大事な人達にも見せてあげたい!!!って思います。甥っ子だったり、友達だったり。

美味しいと思うもの、楽しいと思うもの、感動したり、美しいと思う場所は大切な人と共有したいと思います。もちろん、よっちゃんと同じ物を共有出来ているのでそれでいいのだけど(^^ゞ

だけど、この美しさを見せてあげたい。 甥っ子(妹の第一子)は今小学5年生です。ふつうの子供ですが、ほんの少し感情の不安定な所があります。

先日我が家に泊まりに来たとき妹から「フラワーレメディの相談に乗って欲しい」と言われました。彼がまだ幼稚園児だった時に夜驚症で、レメディを摂取してその症状がパタッとなくなって以来何かあるとフラワーレメディを選んでいます。

今回は彼自身と話をしてフラワーレメディを選びました。甥っ子もレメディが自分にとって必要だと感じてるのかも知れません。

その甥っ子に沖縄の海を感じてもらいたいなーーーと初めて行ってからずっと思ってます。彼の心がこの海をどんな風に感じるのかなーーと思ったりして。

きっと目を輝かせて喜び感動するんじゃないかな(^^)今度連れて行っちゃおうかなー(^^ゞ


青の洞窟のシュノーケリングツアーは私とよっちゃんだけが参加しました。実際その場所には様々なツアーで来ている人達はいたけれど、私達夫婦にガイドさんが1人ついてくれたので自由度が高くて楽しかったです。彼が様々な写真を撮ってくれたのですが、それは後日CDにして送ってくれるそうです(^^) 届くのが楽しみ♪


その5につづく…

 
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-07 18:59 | 旅行
沖縄旅行記3
d0168329_18104397.jpg


2日目も快晴(^^) 日差しもどんどん強くなってきます。リゾートホテルなら当たり前なのでしょうけれど、海側に大きな大きな窓という部屋のつくりなので目が覚めて窓に向かえば青い海です。ついでにバスルームもガラス張り(笑)バスタブから外を眺めると海なのです。確かにとってもスタイリッシュでおしゃれだけど、あの暑さの中ジリジリとガラスを通して太陽の熱が入り込みバスルームはさながらサウナ状態になるような気もします…(苦笑)

このホテルの部屋はルームナンバーの他にそれぞれ名前がついています。「西表」だったり、「小浜」だったり、「石垣」だったり…。私達の部屋は「伊江」でした。日帰りできる離島として人気のある「伊江島」から…です。

朝ご飯を頂いている時に、支配人の方が「今も男子禁制の場所があるんですよ」と教えてくれました。沖縄はそういう場所が多いみたいですね。きっと神聖な場所なんでしょう。

ちなみに、朝ご飯は洋食に。私はソーセージ、よっちゃんはハムをお願いしたらものすごーく大きくて太いソーセージと、ハムステーキのようなハムが目玉焼きと共にお皿の上に乗りしずしずとやってきました(笑)

食べでがありましたよーーー! クラムチャウダーも絶品でした♪


d0168329_1821208.jpg


この日は、午前中から200mの高度のパラセーリングと、その後青の洞窟シュノーケリングツアーというものに参加しました。

パラセーリングの話は先日ちらっと書いたのですが。乗り合わせた方の中にお一人で参加していた男性がいました。うーん…イメージとしては坂口憲二さんみたいな。旅が大好きで、台湾の友人に会いに行くか、沖縄か迷って沖縄に来たと言っていました。

いつか私もひとり旅ってしてみたいです。ひとりで楽しめる心の強さを持ちたいなぁとずっとずっと思ってるのだけど、実現出来てません。 とは言え、別にパラセーリングをひとりでしたい訳じゃないけど(笑)

そんな風に、どんどんいろんな事にチャレンジしてる人ってキラキラしてますね。彼はまだ28歳だそう。すっかり日焼けしてしかも「油断してましたよ!わはは!」と言っていた通り皮がむけまくって赤くなってたりしてかなりすごい感じでしたが、笑顔はすごく良かったです(^^)

沖縄に来て、何を楽しむかは人それぞれですが…。海に入らずともこの青さを感じる事はお勧めです。海外にもそういう絶景ポイントは沢山あると思いますが、沖縄の海の青さと空の高さは最高だと思います。その透明度には心が震えます。

静かに本を読みながらお酒をちびりちびり…でもいいし、お魚とたわむれるのもいいし…。出来れば私は傍らで三線をひいてくれる方がいたら幸せかも(^^ゞ


その4につづく…
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-07 18:32 | 旅行
沖縄旅行記2
d0168329_13112283.jpg


1日目のお夕食はホテル内のレストランで。東京より日没が1時間近く遅いらしく18時から食事を初めて2時間半、徐々に暮れゆく空を眺める贅沢な時間を過ごす事が出来ました。

普段、自宅で食事をしていてのんびり空の移り変わりって見ませんものね(笑)こういう事が出来るって楽しいです。

お品書き

先付
翡翠茄子 鴨ロース 胡麻みぞれ掛け

進肴
若鮎うるか焼 骨煎餅

椀替
冷製豆乳仕立 峰岡豆腐 木の芽

造里
本鮪 真子鰈 車海老 妻一式

焼物
太刀魚黄金焼 白瓜雷干し

(追加で一品料理を)
紅豚あぐー 天火焼

強肴
夏野菜白和え 醍醐仕立 ソイソルト

煮物
鱧柳川仕立 県産雲丹 九条葱

食事
胡麻酢うどん 香の物

デザート
無花果コンポート 生姜ゼリー掛け


でした。品の良いこぢんまりとしたお料理という印象です。鮎やあぐーの天火焼は本当に「おお!」と思う美味しさでした。このあぐーの天火焼は「もろみ酢」をつけて頂きます。ふしぎと酸っぱすぎず、程よく脂が落ちたお肉にうまみが更に与えられるような絶妙なマッチングでした。

でも…柳川はなんとなく卵の火が通りすぎのような気がしたし、醍醐仕立もそんなに思ったほどチーズ感もなく…微妙だったかも(^_^;)

このお料理達には泡盛で頂きました(^^)


話が尽きない夫婦…って理想ですが…2時間半もお酒を飲まないよっちゃんと差し向かいで過ごすのって、なかなかどうして話す事もないものですね(笑) とりとめもない話をしつつ、時折空を眺めて、そして再び顔を見合わせて笑って…。まあそんな感じでいいのかな(^^ゞ

その3につづく…
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-07 13:23 | 旅行
沖縄旅行記1
d0168329_12413048.jpg


今回は、久しぶりに本島に行きました。いつもよっちゃんと「どこに泊まりたいか」をメインに行く先を決めます。

私は相変わらず、忙しいスケジュールは苦手でのんびり過ごしたい。よっちゃんはマリンスポーツを楽しみたい。そういう2人の希望を叶えると、ホテルの中で過ごす時間も旅行の楽しみのひとつと言う事でリゾートホテル的な場所に行くことが多いです。

今回は沖縄の真ん中あたり、「恩納村」にある オリエンタルヒルズ 沖縄 と言うホテルに泊まると決めました。当初は 喜瀬別邸 にするつもりだったのですが、よっちゃんが珍しくこっちの方がいいんじゃない?と言うので、オリエンタルヒルズに。

このホテルは送迎に、「BMW」「レクサス」「ベンツ」いずれかの車を使うそう。今回は迎えの車が「BMW」帰りの車が「レクサス」でした。どちらかというと「レクサス」の方が乗り心地が良かったです(^^)

お迎えまで時間があったので、ゆいレールに乗って「おもろまち」で下車。DFSに立ち寄りました。いつも使ってるロクシタンが30%〜40%オフだったので、いそいそと買い、たまたまセールが始まったばかりだったみたい。ふらりと見たTOD'Sでカジュアルバッグをよっちゃんが買ってくれたので、お礼に?私からはネクタイをプレゼント。

で、ひと休みにシャンパンバー?で喉を潤す私(^^ゞ 久しぶりにシャンパン飲んじゃいました♪美味しかったなーーー!

ホテルに着くと大抵ウェルカムドリンクがありますが、こちらでは「ハイボール」もその中に入っていました!もちろん、ハイボールをお願いしました。

今回は、糖質制限はほとんどしない旅行でした。私はその辺は適度に我慢出来るけど、よっちゃんがね…(^_^;) どうしてもふつう通り?の食生活を熱望していたので、ここはぐっと気持ちを切り替える事にしました。

なので、旅行中の食事の写真は糖質まみれです(^_^;) 

部屋は、独立したコテージのようです。庭らしき物はないけれど、窓を開けたら一面にプールがあります。どうやらここがお庭代わり?

もの凄く広くはないお部屋だけど、アメニティは充実してるしゆったりと過ごせそうな雰囲気の良いお部屋です。

これから3日間、お世話になります(^^) この日はどこも行かず、夕食をホテルで取りその後よっちゃんはお部屋でアロマオイルのマッサージ、私はエステの予定です。今回は150分のホットストーンというメニュー。至福の時間でした(#^_^#)


その2へ続く…
[PR]
Top▲ | by ohirunenekoneko | 2011-07-07 13:02 | 旅行

鍼治療をしている猫を含めて6匹の日常。そして糖質制限の事、日常や旅行記などをつれづれに書いています。 *ほぼ毎日更新中です*
by お昼寝ねこねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
しばらくぶりに
at 2017-03-30 11:33
低糖質なレトルトシチュー
at 2017-02-01 12:33
どう使えばいいかな〜?
at 2017-01-31 12:28
ガーゼのパジャマ(^^)
at 2017-01-30 12:27
作ったものいろいろ24
at 2017-01-29 12:18
カテゴリ
全体
ご挨拶
日々 つれづれ
日常 食・酒
日常 グリーン・花
日常 家
日常 美容・健康
日常 お買い物
日常 雑貨
日常 ほっこり
日常 つぶやき
日常 酒場・外食
旅行
ご近所散歩
おでかけ
美味しいもの
糖質制限的
iPadから投稿
アプリなど
風花 リハビリ
ねこ つる
ねこ なつ
ねこ みーこ
ねこ かのこ
ねこ 風花
ねこ ここ乃
ねこ 6にゃんず
動物 その他
ねこ フード・他
その他 
お知らせ
日常 着物
ボクシングフィットネス
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
…リンク…
フォロー中のブログ
里親さん募集中【保護猫日記】
楽子の小さなことが楽しい毎日
レイコさんの鹿児島スケッチ
Animal Skin ...
小梅茶荘
東京くいだおれDOOL
ゆっくりの時間です
デジタルカメラ日記♪♪猫...
日々の風景。そして。たわ言。
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

"3 Cats Wandering" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析